和歌山の秋冬の味覚「クエ」をどうぞ

和歌山の冬の味覚といえば、幻の魚として珍重されるクエです。
漁師さん曰く、日に月に何本も採れない事が多い事から、幻の魚と云われる所以となっているとの事ですが、近代マグロの名で親しまれている近代水産研究所と地元の連携で白浜ではクエが「紀州本九絵」として安定して生産、出荷されています。
当庵でも、この南紀白浜「紀州本九絵」の旨さ、味を堪能して頂きたく、1泊2食付きプランで、全てのお客様に提供させて頂いております。是非、ぷりぷり白身をご賞味くださいませ。
※離れ客室ご予約で、鮑のしゃぶしゃぶに変更となります。